ここでは痣の治療について、レーザー療法について詳しく説明しています。

痣の治療には様々な療法がありますが、中でも近年主流になっているのがレーザー療法です。レーザー療法は一昔前までは痛みが強く傷跡が残る治療法と言われていましたが、現在ではその問題もほとんど解消され痛みはほとんど無い上に傷跡が残ることも少なくなってきました。


sponsored link




レーザー治療のメカニズムですが、レーザー照射装置によってレーザー光を狭い範囲に集中させます。レーザー光は一定の波長を取るので、レーザー光の波長によって照射した部位のさらに波長の合う組織にのみ吸収されます。従って、波長の合う組織のみを狙って部分的に破壊したり、刺激して反応させたりすることが可能となります。これがレーザー治療のメカニズムです。

さらにレーザー治療にも色々な種類があり、痣の色や原因によって使い分けます。例えば赤あざに対しては、ヘモグロビンに対して反応する色素レーザー(ダイレーザー)を主に選択されていますし、青あざに対しては、QスイッチルビーレーザーやQスイッチヤグレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザーが主に選択されています。これらはシミやソバカス、脱毛にもよく使用されている種類のレーザーです。

そしてレーザー治療を終えた後は、患部のケアをしっかりとする必要があります。レーザー照射部位に炎症を抑える軟膏を塗って患部を保護します。最低でも1週間はその上からガーゼ等で覆って保湿し、日焼けや化粧などの刺激を与えないようにします。また患部にかさぶたが出来ても、自然に剥がれ落ちるまでは極力触らないよう心掛けます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 皮膚の移植手術

⇒ 太田母斑

⇒ 扁平母斑

⇒ 痣の種類

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
azanaosikata★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。