ここでは痣の原因となる病気、しみ・そばかす(肝斑・雀卵斑)について詳しく説明しています。

美容という分野でも必ず耳にするのが「しみ・そばかす」です。女性にとってはスキンケアの中でも特に気になる情報でもあるでしょう。
年齢を重ねる毎に肌のツヤやハリは失われてしまい、しみやそばかすが気になってしまいます。


sponsored link




「しみ」は医学的には肝斑と呼ばれます。顔や体の皮膚に、自分の皮膚の色よりも少し濃い淡褐色の斑が出来ます。女性に多く見られ妊娠時に濃くなる事から、女性ホルモンが大きく関係していると考えられています。また長期に渡って紫外線を浴びた部分に班が出来やすいことから、発症には紫外線も深く関わっています。他にも、健康状態やストレスなどにも左右されることが指摘されています。

「そばかす」は雀卵斑と呼ばれます。顔の頬を中心に茶色の斑点が散らばるように出来ます。こちらはしみとは少し違って遺伝が大きく関係していると考えられています。元々肌の色素が薄い色白の女性に多く見られます。班の部分では皮膚の色素細胞が大型化し、メラニンが増加しているのが特徴です。またしみと同様、紫外線が悪化の要因にもなります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 蒙古斑

⇒ 内出血・皮下出血

⇒ 扁平母斑

⇒ レーザー療法

⇒ 痣の種類



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
azanaosikata★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。