ここでは痣の治療について、皮膚の移植手術について詳しく説明しています。

皮膚の移植手術は植皮術とも呼ばれ、自身もしくは他人の皮膚を切り取って貼り付けるという術式で広く認知されています。しかし、痣の治療に対しては他にもいくつかの種類があります。
【植皮術】
【スキンエキスパンダー法】
【皮弁術】


sponsored link




【植皮術】
他の場所の皮膚を採取して、患部に移植する方法です。
【スキンエキスパンダー法】
数回に分けて皮膚を縫い縮めていく方法、皮膚を伸ばし患部を覆い込む方法です。
【皮弁術】
周辺の皮膚を持ち上げて患部を覆う方法です。

これらは患部の状態や規模、形状などの要素を考慮した上で最も適した方法が選択されます。また植皮術についても、血行を保ちつつ皮下組織ごと移植する有茎植皮術と、表皮から真皮までの皮膚を切り取って移植する遊離植皮術とがあり、それぞれ条件に適した方法が選択されます。

皮膚移植の最大の欠点は、例え自身の皮膚を移植したとしても、違う場所から持ってきている為に、質感や色目などに若干の不自然さが残ることです。周辺と完全に一致することは難しく、縫った境界線と周辺とでは違和感を感じてしまいます。痣を消すというよりは、目立たなくするというニュアンスに近いかもしれません。しかし、かなり大きな規模の痣でも処置が出来ることが出来るのはこの方法だからこそです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ レーザー療法

⇒ 痣の種類

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
azanaosikata★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。