ここでは痣の原因の一つ、内出血・皮下出血について詳しく説明しています。

痣と言われれば内出血とすぐに結び付くほど、一般的に認識されています。日常生活の中においても、「知らないうちに痣が出来てる」と痣を見つけたら「どこかにぶつけたのかな?」とすぐに連想するものです。タンスや机の角で足をぶつけた時や転倒した時、スポーツの場や事故などが思い付くでしょう。いわゆる打撲や捻挫、または骨折などで主に起こりますが、これら外傷については日常生活の中では非常に身近な存在と言えるでしょう。


sponsored link




内出血とは体内の血管が破れて血液が漏れ出した状態、すなわち体内で出血した状態を言います。実は体の表面で出血したものだけでなく、内臓や肺の中で出血したものも含めて内出血と呼びます。従って私たちが普段「内出血」という言葉で思い浮かべる、体表での出血に関しては内出血に間違いではありませんが、本来「皮下出血」という風に呼ぶのが正しいでしょう。

皮下出血の場合、出血した場所の皮膚がじわーっと青紫色に変色して痣が出来ます。しばらくすると血は固まり、その後は体内の組織に溶かされ吸収されていく際に、青紫色から黄色い色へと変化していき、最終的に完治すると元の色に戻ります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ しみ・そばかす(肝斑・雀卵斑)

⇒ レーザー療法

⇒ 痣の種類

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
azanaosikata★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。